ホーム > [プロタイムズについて] 代表挨拶

プロタイムズについて

代表挨拶

確実に起きる「未来」に対応する組織、それがプロタイムズです。

これからの住宅リフォーム市場は大激動時代に入っていきます。

リフォーム市場の規模が現在の6兆円から2012年には12兆円になると言われる中、他業界で勢力を伸ばしてきた大手企業が続々と参入を始めています。

地元塗装店、リフォーム会社、地場工務店を始め、大手ハウスメーカー、更に異業種からの大手企業の参入。
今後、市場の競争が益々激化し、多くの中小零細企業は淘汰されていきます。
これは、繰り返し他業界で起きた事実がすべてを物語っています。

一方で、消費者の業者サービスに対する要求は益々高くなってきております。

インターネットの普及により、あいまいな提案や不透明なサービスを提供していては、生き残れない時代になりました。

材工別の見積提案、基準塗布量の遵守、塗り重ね乾燥時間の徹底など、本来、当たり前に行うべきサービスであるはずのものが、業者側の都合により、未だに消費者に伏せたまま工事を提供しているケースが多数存在しています。

それでは、消費者にとって安心できる会社、今後もお付き合いしていきたい会社とは決して言えないはずです。

私達プロタイムズでは、常に消費者目線を忘れず、最新のサービスを取り入れ、「安心できる組織」であり続けたいと考えています。

担当者の接客満足度は当然のこと、提案書類や契約書への安心感、職人の見た目や立ち居振る舞い、保証書の信用性、継続的なアフターフォロー体制等。

組織的な活動や体系的な教育体制がなければ、消費者の要求に応えること自体が難しい時代になってきたことは言うまでもありません。

プロタイムズは、確実に起きる「未来」に対応するための組織であり、消費者ニーズを究極に追求し続ける組織でもあります。

個の力で大手企業と競合するのではなく、全国の同じ価値観を持つ仲間同士が協力し合い、消費者に最良のサービスを提供し続けることを目指してまいります。

株式会社プロタイムズ・ジャパン 代表取締役 菅原 徹